著者のコラム一覧
金井真紀文筆家・イラストレーター

テレビ番組の構成作家、酒場のママ見習いなどを経て2015年から文筆家・イラストレーター。著書に「世界はフムフムで満ちている」「パリのすてきなおじさん」「日本に住んでる世界のひと」など。

「ピロスマニ 放浪の画家と百万本の薔薇」ギオルギ・ガメズ著、児島康宏訳

公開日: 更新日:

「ピロスマニ 放浪の画家と百万本の薔薇」ギオルギ・ガメズ著、児島康宏訳

 わたしは外国語が好きだ。でもまともに話せたり読み書きできる言語はひとつもない。ただのひとつも! じゃあ何が好きなのかというと、まずは音だ。タイ語のまろやかな抑揚、フランス語の喉から出る音、ズールー語(南ア)の舌をカチカチ鳴らす音……。わたしは外国語の会話を聞いて、意味はまったく拾えないのに音にうっとりしているのだ。もうひとつは文字。アムハラ語(エチオピア)とかビルマ語(ミャンマー)とか、ぜんぜん読めないのに文字を見るとうれしくなるのはなぜだろう。

 さて「世界かわいい文字選手権」で上位に食い込むと予想されるのがジョージアのグルジア語。日本に紹介されるグルジア語の映画や物語には必ず児島康宏さんのお名前がある。文法がやたら難しいらしいグルジア語の第一人者だ。今回ご紹介するグラフィックノベルの翻訳ももちろん手がけている。

 主人公はかの国の「国民的画家」ピロスマニ。その素朴な画風、貧しさのなかで生涯を終えた運命、そしてロシアの歌謡曲「百万本のバラ」に歌われた、かなわぬ恋のエピソードで知られる。本編はわずか80ページの短い漫画だが、ピロスマニという画家の孤独がじんわり伝わってくる。実らぬ恋の物語なのに、なんとなく明るいのもいい。恋が成就するかどうかよりも、人を好きになれるかどうかのほうが大事なのかもしれないなぁなんて思えてくる。

 最終盤に「サルバドールとも飲んダリ」というセリフが出てきて、この駄洒落はなんだ? と思ったら、訳者あとがきでちゃんと種明かしがしてあった。これぞ外国語のおもしろさ。

(書肆侃々房 2200円)

【連載】金井真紀の本でフムフム…世界旅

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変