「東京ロマンチカ」からスナック修業へ 浜博也が語る貧乏生活

公開日:  更新日:

 明菜にキョンキョン、堀ちえみら、「花の82年組」と呼ばれたアイドルと同期だが、華々しさとはほど遠い歌手人生を送ってきた。東洋大在学中にTBS「11時に歌いましょう」で3週勝ち抜き、「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」にスカウトされてデビュー。3代目リードボーカルとして弱冠20歳のスタートを飾った浜博也さん(53)だが……。

「田舎へ帰れ!」ってグループをクビになったのが、そのわずか3年後のことです。移動はグリーン車、営業先ではうまい酒が出る接待があったりで、完全にテングになってしまったんです。それで、「男女の情愛や、下々の心の機微も分からないでムード歌謡が歌えるか!」って散々、怒鳴られて、上尾のスナックのマスターをやるよう命じられました。

 テングといってもね、月給5万円で、税金を引かれて手取り4万5000円ですけど。営業先が100キロを超えると出る3000円の手当を楽しみに、2つあった事務所の寮のひとつ、川中美幸さんらのいた「出世部屋」じゃない方の6畳で寝起きしてました。まさにウナギの寝床、畳が縦に並んだような部屋で、寝返りを打っただけで窓ガラスにぶつかる。それで右の親指を切った傷痕が今も残っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る