碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

NHK「腐女子、うっかり」で好演 藤野涼子の際立つうまさ

公開日: 更新日:

 今期ドラマの特徴のひとつに、同性愛者が登場する作品が多いことが挙げられる。「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系)、そして「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(NHK)だ。

 安藤純(金子大地)は高校3年生。年上の恋人・佐々木誠(谷原章介)がいるゲイだが、同じクラスの三浦紗枝(藤野涼子)とつき合うことになる。紗枝はBL(ボーイズラブ)小説や漫画が好きな、いわゆる「腐女子」だ。しかし、純がゲイであることは知らない。純は佐々木と別れ、紗枝と向き合おうとするが、思うようにいかない。しかも、自分と同じゲイの親友が自殺してしまう。混乱した純は佐々木に助けを求め、彼とキスしているところを紗枝に見られてしまった……。

 このドラマ、自分がゲイであることに困惑しながら生きる少年の気持ちを丁寧に描いている。「好きなんだから仕方ない」という諦念。「なぜ生まれてきたのか」という自問。「居場所が欲しい」という願望。それらが混在し、純を揺さぶる。

 今回、金子の好演もさることながら、藤野のうまさが際立つ。複雑な心理や微妙なニュアンスを表現する力が半端じゃない。かつて映画「ソロモンの偽証」で発揮した天才少女ぶりは、やはり本物だ。この藤野を見るだけでも、十分モトが取れる一本になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る