専門家に聞く 末期前立腺がん新治療「ゾーフィゴ」の威力

公開日: 更新日:

がんは骨転移したら鎮痛治療以外ない」――。あなたはそう思い込んでいないだろうか? しかし、こと前立腺がんについてはその考えを改めた方がいいかもしれない。ホルモン療法が効かない、骨転移の前立腺がんに対する新たな放射線治療薬「ゾーフィゴ」が昨年、認可されたからだ。従来の薬と違い、骨転移の激烈な痛みを抑えるだけでなく延命効果もあるといわれている。実際はどうか? 昨年8月から「ゾーフィゴ治療」をスタートさせたJCHO東京新宿メディカルセンター(東京・飯田橋)放射線治療科の黒崎弘正部長に聞いた。

「年末までにホルモン療法が効かない、骨転移のある前立腺がん患者さん14人に投与しました。その多くが痛みを軽減させたばかりか、うち2人の患者さんはPSA値(前立腺がんの腫瘍マーカー)が正常値である4ng/ml以下にまで低下しました。驚くべき成果です」

 前立腺がんは尿道を包む前立腺ががん化する病気で、進行すると骨に転移することが多い。

 70歳代のAさんは5年前に「末期の前立腺がん」と診断された。当時のPSA値は150.4で、前立腺に接する組織にがんが浸潤、リンパ節への転移が確認された。その後、ホルモン療法や「ドセタキセル」による抗がん剤治療などで懸命に延命治療を続けてきたが、PSA値が6.98と上昇してきたため、昨年8月にゾーフィゴ治療をスタート。4カ月半後にはPSA値が3.27にまで下がったという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」