マラソンで命落とすことも…ランナーの事故と対策を知る

公開日: 更新日:

 3月3日の東京マラソンをはじめ、多くのマラソン大会が開催される季節がやってきた。毎日走ってきた中高年のなかには参加予定の人も大勢いるはずだ。しかし、レース前にはキチンとした健康診断を受けた方がいい。初心者はもちろん、ベテランランナーでも思わぬ事故に遭いかねない。

 昨年11月下旬に行われた都内の市民マラソン大会。ゴール直後に40代半ばの男性が胸を押さえて倒れ込んだ。

 心肺停止状態のこの男性は「永岡クリニック」(東京・江東区)の永岡康志院長が心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)作動など適切な処置を行ったおかげで一命を取り留めた。しかし、迅速な対応がなされなければ、亡くなるか、重篤な後遺症が残った可能性が高かったという。

「この男性は中肉中背で持病はありませんでした。前回大会も完走し、日々トレーニングを積んでいて、今回もいつも通りに走っていたそうです」(永岡院長)

 後でわかったことだが健康にみえたこの男性には自身も知らない心尖部肥大型心筋症が潜んでいた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変