著者のコラム一覧
水井睦みずい整形外科院長

みずい整形外科院長。日本整形外科学会認定専門医、同会認定脊椎脊髄病医、同会認定リウマチ医、日本体育協会認定スポーツドクター。1995年北里大学医学部卒業。横浜市立大学医学部整形外科入局。大学病院、国立病院などを経て、2005年から東京・祐天寺にて開院。

痛風発作は「飲酒」「ストレス」「病気」「薬」が引き金に

公開日: 更新日:

 痛風発作が起きるのは男性が圧倒的に多く、肥満や高血圧脂質異常症は痛風の危険因子です。女性は、閉経により女性ホルモンの分泌が減少すると発症リスクが高まることが知られています。

 痛風発作の引き金となる血清尿酸値の上昇の原因は「飲酒」「ストレス」「腎不全」や「糖尿病」といった病気、「利尿剤」や「喘息」の薬、「小児用バファリン」などの薬があります。

 また、高プリン体食も痛風発作の原因になります。プリン体の8割は体内で生成されますが、食べ物からも得られます。煮干し、鰹節、鶏レバー、干しシイタケ、白子、エビなどのプリン体が多く含まれている食べ物は注意が必要です。

 痛風は夏に多いイメージをもっている人もいますが、体温が低いと尿酸塩が固まりやすくなるため、痛風発作が起きやすい。尿酸値が高い人は気をつけた方がよいでしょう。

 発作のほとんどは足の親指の付け根に起きますが、ほかに足首や膝などさまざまな関節で起きる可能性があります。

 その理由は2つあります。1つは、関節は体の中心から遠く体温が低いため、結晶ができやすい。もう1つは関節に体重がかかりやすいため、関節に沈着した尿酸塩がはがれやすく、痛風発作を起こしやすいからです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」