新型コロナの未来 イヌウイルスから見た世界同時弱毒化の可能性

公開日: 更新日:

(宮沢孝幸/京大ウイルス・再生医学研究所准教授)

 今回は新型コロナウイルスの未来を占う上で、少し明るい話をしたい。イヌの新興ウイルス感染症の話である。1978年ごろに英国で子犬が下痢や心筋炎で相次いで亡くなる伝染病がはやった。原因は「パルボウイルス」という小さなウイルスであることが分かり、「イヌパルボウイルス2型(CPV―2)」と名付けられた。

 当時すでに、ネコで「汎白血球減少症」を引き起こすパルボウイルスが知られており、「ネコ汎白血球減少症ウイルス(FPLV)」と呼ばれていた。CPV―2とFPLVは遺伝的に近い。そこで、FPLVがイヌに感染し、CPV―2になったと考えられたが、CPV―2はイヌには感染するがネコには感染しない。一方、FPLVはネコに感染するがイヌには感染しない。FPLVがイヌに感染しCPV―2に進化したとは考えにくかった。

 その後、CPV―2に近いウイルスがアカギツネに見つかり、CPV―2はキツネの近縁種のパルボウイルスがイヌに感染した新興ウイルス感染症であることが分かった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで