著者のコラム一覧
佐々木常雄東京都立駒込病院名誉院長

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

来年へ向けてオミクロン株に対する備えは大丈夫なのか

公開日: 更新日:

 コロナ感染者が多く入院した病院の医師に聞いてみると、その大変さは想像を絶するもので、オリパラどころではありませんでした。がんとは違って、昨日まで元気だった、死ぬはずのない人が死ぬ。精神的なダメージなのか、すっかり気力をなくして辞めていく医師や看護師……。それでもコロナ患者がどんどん運ばれてくる中で、彼らが抜けた穴をカバーするのは尋常ではなかったようでした。

 その病院の看護師長は「コロナでは看護らしい看護はしてあげられなかった」と話され、病院幹部は「スタッフのメンタルダメージが大きい。患者以外に、職員のメンタルを診てくれる専門の心理士が欲しい」と口にされていました。私は、患者に何もしてあげられず、亡くなるのをみとるのはとてもつらいことだと思いました。さらに、少なくとも医師であり国会議員である方たちは一度、防護服を着てコロナ病棟に入ってみるべきだと思いました。

■社会の矛盾には黙っていてはいけない

 陽性者数が増えて、重症者を除いて自宅療養が基本となったのですが、家族内感染を防ぐのは難しい。それもあって、自宅あるいは病院外で亡くなって見つかる方が増えました。命が軽くなっているのではないか、そう感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…