症状があったらすぐ受診…は「ゼロコロナ」の発想といえる

公開日: 更新日:

 しかし、新型コロナの正体が徐々に明らかになり、ワクチンや治療薬が登場し、重症化しにくいオミクロン株に変わりつつあるいまは、私たちもゼロコロナからウィズコロナに心持ちや行動を変えるべきではないか?

 それは新型コロナ前の病気の接し方でいいのではないか。若くて基礎疾患なしの人は発熱があれば即受診、即検査ではなく、発熱に加え肺炎を疑わせる咳など複数の症状があってその症状がひどいときにこそ病院に向かうことではないか。

「その通りです。基礎疾患がある高齢者はゼロコロナで臨む必要がありますが、それ以外の健康な若い人だけではなく、一般の人もウィズコロナでの生活方法を学ぶべきです。ただし、いまはデルタ株も一定数いて、こちらはある程度の重症化リスクがある。そのため新型コロナすべてをオミクロン株と考えて甘くみてはいけません。ですから、若く健常な人でも発熱に加え咳などの症状が急激に悪化するようであれば即検査・即受診すべきです」

 もうひとつ大切なことは「感染力が強い」の意味をいま一度見直すことだ。いままでのいいかげんな3密回避、ソーシャルディスタンス、マスクでも身を守れてきたが、感染力の強いオミクロン株からは守れないということだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路