新しい注射薬は糖尿病治療のゲームチェンジャーになり得るか?

公開日: 更新日:

 今年4月、糖尿病患者の「血糖値コントロール」と「体重減」が可能な新たな注射薬が発売された。週1回だけでいい「マンジャロ」だ。

 これまで糖尿病の注射薬といえば、体の中で作れず不足したインスリンを外部から補充するインスリン製剤のイメージが強かった。しかし、この薬はインスリンの分泌を促しつつ、食欲を抑えるスイッチを押す注射薬。その結果、強力に糖尿病のマーカーであるHbA1cを低下させ、体重も減少させるという。糖尿病治療のゲームチェンジャーになり得そうな薬だが、実際はどうか。糖尿病専門医で「しんクリニック」(東京都大田区西蒲田)の辛浩基院長に聞いた。

「これまでもHbA1cと体重を同時に減少させる注射薬はありましたが、マンジャロは効果が違います。日本では2.5ミリグラムから15ミリグラムまで、2.5ミリグラムきざみで6種類発売されていますが、薬の認可過程で行われた臨床試験では最大容量の15ミリグラムだと、投与開始から40週でHbA1cが平均2.3%低下し、体重は11.2キロ減少したそうです。むろん、これは平均値ですから、誰もが同じような効果を期待できるわけではありません。しかし、血糖と体重のコントロールに苦労している人にとっては朗報でしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで