しつこい腰痛が復活…脊柱管狭窄症で手術を勧められたが抵抗がある

公開日: 更新日:

 男性によくよく話を伺うと、痛みの程度は日によってバラバラ。強い日もあれば、そうでもない日もある。診察時に前屈をしてもらったのですが、「10日前は左臀部から足先までがすごく痛かったのに、いまはそれほどでもない」とのことでした。しかし後屈をすると、やはりその左臀部に鈍い痛みが走る。MRIで詳しく調べると、腰椎が直線化し軽度に側弯していることが分かりました。

 診断名は、主病名が脊柱管狭窄症で、副病名は椎間板ヘルニア。3カ所の椎間板に特殊ジェルを刺入させるセルゲル法を実施することとなりました。ただし、この男性の脊柱管などの状態では、治療効果は限定的で、よく見積もっても期待できる症状の軽減は50%程度であること、治療後は1日から2週間程度は重い痛みが出現する可能性があること、治療効果はすぐには出ず、3週間から3カ月ぐらいかかることなどを事前に説明しました。

 それから1週間後は足のつま先がしびれ、お尻にも痛みがありましたが、1カ月後には腰が重い感覚はあるものの、それ以外は良くなったとのこと。3カ月後になると、痛みのレベルは変わらないが痛むのは常ではなく時々に。そのほかの症状は皆無というところまで改善しました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路