長生きしたけりゃ最後は噛む力(1)歯が20本以下だと死亡率は2.7倍

公開日: 更新日:

 人生100年時代、最近では「平均寿命」よりも「健康寿命」に関心を持つ人が増えています。日本人の健康寿命(74.1歳)と平均寿命(84.3歳)の差はほぼ10年。この差をできるだけ縮めて、いくつになっても元気で自立した生活を送りたいというのが、多くの人の願いでしょう。

 そのためには食事運動睡眠などに気を配るのはもちろんですが、忘れてはならないのが「口の健康」です。きちんと噛んで食べられる健康な口=健口は、健康寿命を延ばすための入り口ともいわれているのです。

 口の健康状態が心や体の健康に密接に関わっていることは、以前から指摘されてきました。

 よく知られているのは歯周病糖尿病との関係です。歯周病が悪化すると血糖値が上がり、逆に良くなると血糖値も改善されるというものです。この相関関係は歯科医や糖尿病専門医がよく体験することで、日本糖尿病学会のガイドラインでも血糖値を下げるために歯周病治療が勧められています。

 また、心臓病との関係では、1990年代から米国などで多くの研究報告があり、歯周病の人は心筋梗塞などの心臓病リスクが高まることが明らかにされました。日本人の調査(「MYヘルスアップ研究」東京大学など、2004年)でも同様な結果が出ていて、歯周病のある男性は、心筋梗塞が約2倍になることが報告されています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方