著者のコラム一覧
天野篤順天堂大学医学部心臓血管外科教授

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

心不全パンデミックを乗り切るために「薬」と「生活習慣」のバランスを考える

公開日: 更新日:

「慢性心不全」についてのお話を続けます。急性心筋梗塞を発症しても、治療の進歩によって一命を取りとめる患者さんが増えたことで、その後に慢性心不全を発症する患者さんも増えました。そうした状況もあって、近年の日本では心不全の患者さんが急増しているのです。

 そうした「心不全パンデミック」といわれるほどの状況になり、国は2018年から心不全を緩和ケアの対象疾患とする方針を打ち出しました。それに伴い、治療の手だてがなくなった終末期の慢性心不全の患者さんを対象にした医療機関も増えてきています。ただ、心不全の緩和ケアはまだ体制が整備されているとはいえない状況で、末期の患者さんのQOL(生活の質)を維持するために、具体的にどのような医療やケアを実施するのかについては、はっきり決まっていないのが現状です。

 そもそも慢性心不全は、客観的な数値による病期=グレードの分類もされていない病態です。これがたとえば慢性腎臓病(CKD)であれば、eGFR(推算糸球体濾過量)という腎機能を評価する指標によって、重症度がステージ1からステージ5の5段階に分けられています。それぞれのステージにおける予後予測も丁寧にフォローされていて、状態に応じた治療指針もガイドラインでしっかり定められています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる