動けなくなってインスタで助けを…ボディービルダーの渡辺和也さんギランバレー症候群を語る

公開日: 更新日:

渡辺和也さん(ボディービルダー/26歳)=ギランバレー症候群

 もう完治はしているんですけど、いまだに握力が以前の50%程度しかありません。でも握力ゼロの時もあったので、ずいぶん回復したほうです。

「ギランバレー症候群」は一般的に食中毒がきっかけで起こり、末梢神経に障害が出る病気です。僕の場合はカンピロバクターというウイルスで食中毒を起こし、免疫システムがウイルスを攻撃してくれたものの、ウイルス以外にも攻撃を続けて末梢神経まで傷つけてしまい、最終的に歩けなくなりました。

 食中毒の症状が出始めたのは昨年11月ごろでした。1日10回ぐらいトイレに行く状態になったのです。1週間後、お腹の症状が治ると、今度は徐々に筋力の低下を感じるようになりました。でも、10月にボディービル大会が終わったばかりだったので「疲労かな。そのうち治るだろう」と考えていました。

 さらに1週間もすると日常生活に支障が出るレベルで悪化していました。なんとかパーソナルトレーナーの仕事は続けていたのですが、ある日、午前の仕事が終わった帰り道で急に立てなくなってしまったのです。外のベンチで動けなくなりました。どうしたらいいのかわからなくなって、インスタグラムのストーリーに今の自分の状況をアップして助けを求めました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで