著者のコラム一覧
東敬一朗石川県・金沢市「浅ノ川総合病院」薬剤部主任。薬剤師

1976年、愛知県生まれの三重県育ち。摂南大学卒。金沢大学大学院修了。薬学博士。日本リハビリテーション栄養学会理事。日本臨床栄養代謝学会代議員。栄養サポートチーム専門療法士、老年薬学指導薬剤師など、栄養や高齢者の薬物療法に関する専門資格を取得。

AGA治療薬は高い効果が期待できる一方、深刻な副作用リスクも

公開日: 更新日:

 近年、テレビのCMなどで「AGA」という言葉をよく聞くようになりました。AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略語で、日本語にすると「男性型脱毛症」です。

 男性ホルモンと遺伝が関連している脱毛症で、実際に悩まれている人、さらにはすでにAGA治療薬を使っているという人もいらっしゃると思います。今回は、このAGA治療薬についてお話しします。

 病院で処方されるAGA治療薬として、「フィナステリド」や「デュタステリド」(いずれも成分名)があります。語尾が似ていることからお気づきかもしれませんが、これらは効果を示すところが同じクスリです。具体的には、テストステロンからジヒドロテストステロンが生成される際に5α-還元酵素が関係していて、AGA治療薬はこの5α-還元酵素の働きを阻害することで効果を発揮します。

 こう聞くと、ジヒドロテストステロンが悪者のような感じがしますが、必ずしもそうではありません。ただ、毛髪にとってはあまり良いものではありません。ジヒドロテストステロンは毛髪のもとである毛母細胞の働きを低下させてしまうからです。AGA治療薬によってジヒドロテストステロンが作られなくなると、毛母細胞が元気になることで脱毛が改善されるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」