ファミレスやカフェまで…大激戦の「ちょい呑み」を実況中継

公開日: 更新日:

 お金も時間もかけない「ちょい呑み」が人気だ。以前、吉野家の「吉呑み」やケンタッキーに負けじと中華チェーン店やカフェまで「ちょい呑み」メニューが登場している。どんな店が増えてきたかというと――。
 まずは中華ファミレス「バーミヤン」(すかいらーく)。

 平日の19時。品川グランドコモンズ店は、サラリーマンのグループでごった返していた。人気の「ちょい呑みセット」は本格焼き餃子にビール中瓶(699円税抜き)付き。これに「手羽先」(399円)や「ベーコンの青菜炒め」(同)などの料理と共に、焼酎で杯を重ねる。

 何より居酒屋よりボトルが安いのが魅力だ。黒霧島(900ミリリットル)やいいちこ(720ミリリットル)が各1249円。残ったボトルは2カ月間無料でキープできるとあって、棚にキープボトルが100本以上。ボトルを頼んでいれば、通常250円のドリンクバーが150円でOK。ウーロン茶や炭酸水などで割ることもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る