• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熊本地震で刑務所が避難所に 全国初ケースの生活ぶりは?

 熊本の震災から間もなく1カ月。多くの被災者が避難生活を余儀なくされているが、熊本刑務所も施設の一部を避難所として開放している。それでは震災があったとき、刑務所や囚人たちはどうしていたのか。元広島拘置所総務部長で、関東大震災で被災した受刑者たちの知られざる逸話を描いた「典獄と934人のメロス」の著者、坂本敏夫氏に話を聞いた。

 熊本刑務所があるのは、熊本市中央区。400人を収容し、その約半数が無期懲役で仮釈放の望みはほとんどナシという、重警備刑務所だ。

 23日に現地入りし、熊本刑務所を取材した坂本氏は言う。

「囚人たちにとって地震ほど怖いものはありません。施錠されていて逃げ場がないからです。熊本地震があった当日、囚人たちは収容棟の雑居房などそれぞれの部屋にいました。本震、度重なる激しい揺れに悲鳴を上げる者もいたようですが、大きな混乱はなかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る