• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熊本地震で刑務所が避難所に 全国初ケースの生活ぶりは?

 熊本の震災から間もなく1カ月。多くの被災者が避難生活を余儀なくされているが、熊本刑務所も施設の一部を避難所として開放している。それでは震災があったとき、刑務所や囚人たちはどうしていたのか。元広島拘置所総務部長で、関東大震災で被災した受刑者たちの知られざる逸話を描いた「典獄と934人のメロス」の著者、坂本敏夫氏に話を聞いた。

 熊本刑務所があるのは、熊本市中央区。400人を収容し、その約半数が無期懲役で仮釈放の望みはほとんどナシという、重警備刑務所だ。

 23日に現地入りし、熊本刑務所を取材した坂本氏は言う。

「囚人たちにとって地震ほど怖いものはありません。施錠されていて逃げ場がないからです。熊本地震があった当日、囚人たちは収容棟の雑居房などそれぞれの部屋にいました。本震、度重なる激しい揺れに悲鳴を上げる者もいたようですが、大きな混乱はなかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る