熊本地震で刑務所が避難所に 全国初ケースの生活ぶりは?

公開日:  更新日:

 熊本の震災から間もなく1カ月。多くの被災者が避難生活を余儀なくされているが、熊本刑務所も施設の一部を避難所として開放している。それでは震災があったとき、刑務所や囚人たちはどうしていたのか。元広島拘置所総務部長で、関東大震災で被災した受刑者たちの知られざる逸話を描いた「典獄と934人のメロス」の著者、坂本敏夫氏に話を聞いた。

 熊本刑務所があるのは、熊本市中央区。400人を収容し、その約半数が無期懲役で仮釈放の望みはほとんどナシという、重警備刑務所だ。

 23日に現地入りし、熊本刑務所を取材した坂本氏は言う。

「囚人たちにとって地震ほど怖いものはありません。施錠されていて逃げ場がないからです。熊本地震があった当日、囚人たちは収容棟の雑居房などそれぞれの部屋にいました。本震、度重なる激しい揺れに悲鳴を上げる者もいたようですが、大きな混乱はなかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る