監督最新作公開 イーストウッド“御年86歳”でなぜピンピン

公開日: 更新日:

 昨年の野坂昭如(享年85)を追うように、大橋巨泉(同82)、永六輔(同83)と、日本の元気おじさんたちがバタバタと死んでしまった。

 しかし、海の向こうでは“昭和ヒトケタ世代”が現役で頑張っている。今月24日に公開される映画「ハドソン川の奇跡」を監督したクリント・イーストウッドだ。

 なんと、御年86歳。映画は2009年に墜落を避けてハドソン川に着水したUSエアウェイズ機の機長(トム・ハンクス)の活躍を描いた感動作。早くも「2017年度アカデミー賞有力候補」と囁かれているほどだ。

 ハリーといえば、今の若い世代はポッターだが、本家のハリーこと、ダーティハリーは衰えることを知らないようだ。

 なぜ、これほど元気なのか? よほど激しいトレーニングでもしているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る