元気な“ふり”する社員 企業のストレスチェックの落とし穴

公開日: 更新日:

 “電通問題”の余波を受け、厚労省は悪質な違法残業を続ける企業の社名公表で対象を広げる方針を打ち出した。これまで月100時間超にしていた公表基準を、月80時間超に引き下げる。複数の事業所で違反が見つかったら、幹部への直接指導や抜き打ち調査も行うという。

 “見せしめ”による違法残業を減らす狙いのようだが、その下で働く社員のメンタルヘルス対策は心もとない。それが、従業員50人以上の企業に義務づけられているストレスチェックだ。

 対象企業は、全従業員が1年に1回、ストレスの原因や心身の自覚症状、友人や家族などのサポートの状況を4択で答え、高ストレスがかかっている人やサポート体制が不十分で相談相手に乏しい人などを探るものなのだが……。

 ストレスケア日比谷クリニック院長の酒井和夫氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る