元気な“ふり”する社員 企業のストレスチェックの落とし穴

公開日: 更新日:

 “電通問題”の余波を受け、厚労省は悪質な違法残業を続ける企業の社名公表で対象を広げる方針を打ち出した。これまで月100時間超にしていた公表基準を、月80時間超に引き下げる。複数の事業所で違反が見つかったら、幹部への直接指導や抜き打ち調査も行うという。

 “見せしめ”による違法残業を減らす狙いのようだが、その下で働く社員のメンタルヘルス対策は心もとない。それが、従業員50人以上の企業に義務づけられているストレスチェックだ。

 対象企業は、全従業員が1年に1回、ストレスの原因や心身の自覚症状、友人や家族などのサポートの状況を4択で答え、高ストレスがかかっている人やサポート体制が不十分で相談相手に乏しい人などを探るものなのだが……。

 ストレスケア日比谷クリニック院長の酒井和夫氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る