キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

客が心配する高コスパ…ロケーションの不利を跳ね返す名店

公開日: 更新日:

 飲食業の成否は立地選定で8割が決まるといわれます。焼き肉店も例外ではなく、本来なら店舗の周辺環境に大きく左右されるはずです。それを問題にせず、長年営業を続けられている焼き肉店は、価格に見合った、あるいは価格以上の価値を提供してきたということであり、オススメといえます。

 例えば2009年に、東急田園都市線の駒沢大学駅から徒歩15分程度のところにこそっとオープンした「Cossott’e(コソット)」です。現在は金土日の3日間営業ですが、住宅街にありがちな喫茶店のような店構えで、抜群のコスパの高さを誇ります。

 京王新線初台駅の「不動通り商店街」を越えた住宅街のど真ん中にたたずむ「梁山苑」も、お世辞にもデート向きとはいえませんが、量よし、味よし、コスパよしの地元民が通う名店。なにしろ、上カルビは1600円で、上ハラミは1400円です。「この肉質でこの価格。やっていけるのか?」と、客が心配するほどの肉質なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る