最新型ディンプルキーは番号盗まれればネットで複製される

公開日: 更新日:

 港区のマンションに住む会社員の女性(23)が、ポストに入れた合鍵を使われて部屋に侵入されたニュース。女性は訪れる家族のためにポストの中に合鍵を入れていたという。

「ZUU online」の調査によると、首都圏のマンションに単身で住む20~30代男女のうち、31%が親に合鍵を渡しているという。男性の26%に対し、女性の方が36%と高く、逆に親が心配して娘の合鍵をねだるケースも多いようだ。

 ポストに鍵を入れておくのは、よくやってしまう間違い。ところが、最新の鍵は刻印された数字さえ分かれば、ネットで簡単に注文できるので注意が必要だ。

「昔の鍵はギザギザ型でしたが、最近はディンプル型が主流です。これは構造が複雑で、ホームセンターなどにある店舗で500~600円ほどで作れてしまう複製キーとは違います。ディンプルキーは、メーカーに鍵番号を伝えて作製(5000円前後)しますので、クレジットカード番号と同様、他人には絶対に見せてはいけません」(「俺の合鍵」広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る