田﨑史郎さん<2>浦和支局での選挙取材が評価され政治部に

公開日: 更新日:

 入社して2年9カ月で経済部から浦和支局への配転を命じられた。経済部から地方という“前例”のない異動だった。それを「不当」として会社を訴えることになる。

「先輩たちも僕を応援してくれました。経済部で取材を続けていた記者は、地方に行きたがらなかった。それで僕を盾にしたわけですよ。不当配転阻止ということで、経済部の組合はとりわけ強かったこともあり、僕をもり立ててくれたんです」

 裁判は3年3カ月間に及ぶ。東京地裁も3カ月に1回くらい行っていたという。

「浦和支局時代に覚えていることといったら、ほとんど麻雀をやっていたってことぐらい。ふてくされていたから、やれと言われた仕事をこなすだけの日々でした。僕のあとに浦和支局に配属された記者が『浦和支局はこんなにニュースあったんだって、東京社会部デスクにビックリされた』って言ってましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る