全国に広がるサウナ愛好家 気になる“オジサウナー”への道

公開日: 更新日:

 サ道、ウナ活、朝ウナ……。これ皆、サウナの関連用語。今年テレビドラマ化された、漫画「サ道」の影響か。

 昨今、サウナ好きは「サウナー」と呼ばれ、日本サウナ総研によれば愛好者は次のカテゴリーに分類されるという。

●ヘビーサウナー…月に4回以上入る人
●ミドルサウナー…月に1回以上入る人
●ライトサウナー…年に1回以上入る人

 順に335万人、678万人、1701万人(いずれも「日本サウナ総研」の推計)いるというから、なかなかの人気と言っていい。

 日本サウナ総研の広報担当者が言う。

「サウナの施設数自体は減少傾向ですが、漫画やドラマの影響でサウナ関連記事が雑誌などに取り上げられる機会が増え、20代女性を中心に関心を持つ方は増えています。弊社のツイッターでは、全国に散らばる約20人の調査員が、各地のサウナ巡り体験記をアップしているので、のぞいてみてください。令和の現状が分かると思います。また、駅チカの古いカプセルホテルなどを居抜きでリノベーションをかけ、再生した施設も出ています。コストが抑えられる上、キレイなデザインで女性向けに仕上げたりして集客に成功しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る