高齢者の徘徊を防ぐ新サービス「おかえりQR」は広まるか

公開日: 更新日:

 現在、認知症患者は65歳以上で7人に1人いるといわれているが、2025年には5人に1人になると予想されている。それに伴って増えているのが、高齢者の徘徊だ。認知症が原因による行方不明者は、2018年の1年間でおよそ1万7000人いる。そのため、居場所を把握できるGPS機能がついた端末を持たせる家族も少なくないという。

 大手警備会社セコムの「ココセコム」やアルソックの「まもるっく」のほか、さまざまなサービスが提供されているが、地図やガイドブックで知られる出版社、昭文社もこのジャンルに参入している。昭文社が提供しているのはGPS端末ではなく、QRコード付きのシール「おかえりQR」。靴や帽子、杖など持ち物などにこのシールを貼り、出先で迷子になった際にスマホでQRコードを読み取ってもらうことで、家族に現在地を知らせられるほか、メッセージが送れるサービスだ。おかえりQRを企画した池田有作さんに話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る