お手柄警察犬クレバ号復帰し即成果 猛特訓の成果とご褒美

公開日: 更新日:

 わずか45分の「スピード発見」だった。

 現場に復帰したばかりの兵庫県警の警察犬「クレバ号」が7日、早速お手柄を上げた。クレバ号は昨年10月、兵庫県福崎町で捜索中に失踪。今月4日から逃走防止のため、首輪にGPSを付けて現場に戻っていた。

 7日午後、県警葺合署に神戸市中央区の81歳の女性が行方不明になったと通報があり、署の要請で警察犬2頭と指導員2人が派遣された。午後4時35分、クレバ号は女性の枕から匂いを嗅ぎ、捜索を開始。鼻を地面に押し付け、クンクンと匂いを嗅ぎ、女性宅からJR灘駅、阪神岩屋駅へと南下した。交差点を西へ向かい、600メートルほど進んだところで突然、クレバ号が鼻を上げ、1点を見つめた。指導員が視線の方向約20メートル先に目をやると、元気に歩く女性の姿があった。発見時間は午後5時20分。捜索開始から45分後のこと。捜索距離は約2キロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る