神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

江戸時代は新興宗教が流行 庶民も縁起担ぎが大好きだった

公開日: 更新日:

 最近はSNSの発達もあって、有料のコミュニティーが盛んである。ひとりの有名人を囲んでお金を払って参加するセミナーも数多い。「これは新興宗教ではないか」という雰囲気のものも現れている。日本人は宗教に接しないで育つことが多いから、宗教的なものに対して無防備だという意見もある。

 江戸時代には新興宗教が数多く存在していた。「流行の神」と書いて流行神。「はやりがみ」と読む。江戸時代は新興宗教とおまじないの文化だった。流行しすぎて、おまじないと縁起に関しては、法律で禁止になったほどである。そんな中でひとつだけが残った。それが「大安吉日」である。いい加減だし、だれも信じないだろうからと残されたのだが、結果としてみんなが指標にするようになったのだから、いかに縁起担ぎがはやったかという証明である。江戸庶民は、朝、どちらの足から家を出るかといったことにも気を使い、ラッキーカラーなども常識だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る