津野田興一
著者のコラム一覧
津野田興一都立立川高校教諭

1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻修了。現在、東京都立立川高校で世界史を教える。著書に「世界史読書案内」(岩波ジュニア新書)、「やりなおし高校世界史―考えるための入試問題8問」(ちくま新書)、「第2版 ポイントマスター世界史Bの焦点」(山川出版社)など。

「サッチャリズム」から読み解く新自由主義の功罪…社会は存在しない、あるのは個人と家族の責任

公開日: 更新日:

 図①は1987年に描かれたもので、当時のイギリス首相とその政策を、かなり辛辣に風刺したものです。いったい何を描いているのでしょうか?

「強い薬」と題されたこの絵では、手術台に縛り付けられた人物(=イギリス)に対し、額が広く、鼻が高くて意志の強そうな女性が注射をしようとしています。薬品の瓶にはドクロマークが描かれていますから、相当な劇薬のようです。

 この女性は「鉄の女」と呼ばれたマーガレット=サッチャーで、彼女がおこなった政策を風刺しているようです。

■イギリス病?

 第2次大戦後のイギリスは労働党政権の下で福祉国家を築きました。「ゆりかごから墓場まで」という言葉が知られていますが、重要産業の国有化や教育・医療の無償化など、国家が国民の生活を保障するという社会が構築されたのです。資料①に見られるように、労働党のマニフェストでは保守党とは異なり、「大きな政府」を提唱していました。

 そしてこのような福祉政策は、1950~60年代の世界的な好景気の中で支えられ、国民もそれを支持したことで、保守党へと政権交代がおこなわれても、基本的な路線は変更されませんでした。

 しかし、70年代に入ると、ドル=ショックとオイル=ショックという「2つのショック」に見舞われ、イギリスの国際的な競争力が低下します。産業構造の再編にともなう失業者の増大による社会不安や、賃金の上昇を求める労働組合のストライキなどもあり、「イギリス病」と揶揄される経済的困難に直面しました。

■資料①
「共に勝ち抜こう」(1950年総選挙労働党マニフェスト)

 社会主義はパンのみにあらず。経済的な安定と、資本主義の奴隷化をもたらす物質的なくびきからの解放が最終ゴールではない。それらはより大きな目標、つまり、より思いやりがあり、より知的で、より自由で、より協同的で、進取の気性により富んだ、そして文化的により豊かになる人間の進化を達成するための手段である。…対照的に、臆病者は、貧困の恐怖だけが人びとを国民のために働かせると思っている。ある保守党員は、「空腹はイギリス人を働かせる唯一のものだ」と語っている。労働党としては、完全雇用が新しい社会の隅の首石であることを宣言する。

歴史学研究会編「世界史史料 11」(岩波書店)

小さな政府

 このような中で登場したのがサッチャーでした。保守党から立候補したサッチャーは、よく言えば真面目、悪く言えば頑固な性格で、就職活動の時の人事所見記録に「石頭、頑固で危険なほど自分の考えに固執」と面接官に書かれたとの「逸話」も持っています。

 女性ながらに自分の力で首相の座をつかんだと考えたサッチャーは、資料②のように、「社会などというものは存在しない」、あるのは自助にもとづく個人と家族の責任だ、という有名な言葉を残します。その政策は、社会保障費の削減、大企業優遇、重要産業の民営化、金融の自由化を中心とする自由競争の促進などの「小さな政府」の考えに基づいていました。ここに「サッチャリズム」と呼ばれるようになる、新自由主義の政策が始まるのです。

 就任当初より支持率は下落し、短命政権に終わると考えられていたサッチャーが、11年と6カ月も首相を続けることができたのは、フォークランド戦争で強力な指導力を発揮したからでした。以後「鉄の女」と呼ばれたサッチャーの支持率は急回復したのです。

■資料②
「ウィメンズ・オウン」誌におけるサッチャー発言(1987年10月3日)

あまりにも多くの子どもや大人たちが、もし自分たちに問題があれば、それに対処するのは政府の仕事だと思いこまされた時代を過ごしてきたように思います。「私は困っている。援助金が得られるだろう!」「私はホームレスである。政府は私に家を探さなければならない!」こうして、彼らは自分たちの問題を社会に転嫁しています。でも社会とは誰のことをさすのでしょうか。社会などというものは存在しないのです。存在するのは、個々の男と女ですし、家族です。

歴史学研究会編「世界史史料 11」(岩波書店)

ロン・ヤスも

 ところでみなさん、「戦後政治の総決算」という表現を覚えていらっしゃいますか? 日本の中曽根康弘首相が1980年代に提唱したスローガンです。サッチャーと同時代の中曽根、アメリカのレーガン、西ドイツのコールなどの政権は、いずれも強い反共主義と個人主義、規制緩和と「小さな政府」を唱える新自由主義の政策を取りました。

 国鉄の分割民営化や、現在の教育制度につながる臨時教育審議会の設置などを覚えている方もいるでしょう。これらの国々において、資本主義経済の行き詰まりを打開しようとした新自由主義の政策は、現在の私たちの社会や経済の仕組みをつくり出してしまったと言えるのではないでしょうか。

■「私たちは99%」

 では、このような政策による弊害はあったのでしょうか? 写真②は、2011年にアメリカのウォール街で行われたデモ行進の様子です。「私たちは99%だ」と書かれたプラカードを掲げていますね。新自由主義による規制緩和で上位1%の人々が富を独占する一方、大多数を占める人々の生活が苦しくなっていることを訴えたものでした。

 また、図③をご覧下さい。これは2012年に経済学者のブランコ=ミラノヴィッチが提示した「象のカーブ」と呼ばれるもので、先進国の高所得者層と発展途上国の中間層が大いに伸びたことを示しています。しかし同時に、先進国の中間層の所得は全く伸びず、格差が拡大してしまいました。

 これが日本における「失われた30年」のひとつの説明であり、これら先進国の中間層が持つ不満が、例えばアメリカのトランプ現象やイギリスの「ブリグジット」を引き起こしたとも言われているのです。

社会は「ある」

 最後に、近年の歴史学研究における「イギリス病」の見直しについて述べましょう。図④に見られるように、1870年を起点とすると、イギリスの成長はアメリカや他のヨーロッパ諸国と実は変わりません。イギリス経済は常に成長を続けてきたことが、データで裏付けられるようになりました。

 また、新自由主義路線を突き進み、ブリグジットも実現してしまうほどのボリス=ジョンソン首相でさえ、昨年3月に新型コロナウイルスに感染したのち、ビデオメッセージで国民に「コロナウイルスが証明したのは、本当は、社会というものはあるということでした」(傍点筆者)と述べています。労働党政権以来の福祉国家政策によって実現していた、国民すべてが高度な医療を受けられる体制に対して、感謝の気持ちを表明したのです。

 ただし、1950年を起点として考えると、イギリスが19世紀以来持っていたアドバンテージが消滅していることも事実です。70年代のイギリス人は「大英帝国」の幻影を引きずるなか、経済成長を果たしていたにもかかわらず、それを「停滞」と受け止めてしまった、というところなのではないでしょうか。

 さて、新自由主義とはいったい何を自由にしたのでしょう。もしかすると、上位1%の人を自由にしただけなのかもしれません。

■もっと知りたいあなたへ
イギリス近代史講義
川北稔著(講談社現代新書、2010年)1034円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち