インフル&コロナ同時感染「フルロナ」が世界各地で 日本でのリスクと備えは?

公開日: 更新日:

 インフルエンザ新型コロナウイルスに同時感染する「フルロナ」が世界各地で確認されている。フルロナとは、インフルエンザや風邪を指すフル(flu)とコロナ(corona)を掛け合わせた造語だ。

 オミクロン株とインフル感染が急拡大しているイスラエルでは、昨年末に妊娠中の30代女性のフルロナが判明。いずれのワクチンも未接種だったが、症状は軽く、無事に出産して退院したという。米国ではメキシコへの家族旅行から帰国した子どもがフルロナとなり、ブラジルでは少なくとも6人のフルロナ患者が確認されている。

 翻って国内の新型コロナ新規感染者は倍々ゲームで増加中。幸いインフル流行の兆しは見えないが、フルロナが猛威を振るう恐れはあるのか。

「日本では昨シーズン以降、インフルは流行していません。新型コロナ対策のマスク着用や手洗い励行などが奏功しているのでしょう。もっとも、フルロナが疑われたとしても、過剰に心配する必要はない。医療機関で検査を受ければすぐに診断がつきますし、インフルにはタミフルやリレンザなどの特効薬があります。オミクロン株の分析はまだ途上ですが、報告された症例を見る限り、重症化リスクは低い。ウイルスが肺まで達さず、のどでとどまるためでしょう」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ