(3)隔離療養生活が明け、後遺症治療で処方された薬は「風邪薬」だった

公開日: 更新日:

 筆者は昨年の隔離療養生活明けから2つのクリニックを受診した。

 1つ目は呼吸器内科クリニックで、2つ目はコロナ後遺症専門外来だ。1つ目で処方された薬(あとで風邪薬だと判明)はほとんど効かず、2つ目では亜鉛服用と漢方服用、そしてBスポットという耳鼻科での治療を勧められた。Bスポット治療は、上咽頭(鼻の奥)に塩化亜鉛などを直接塗布するもので、とてつもなく痛いらしい。しかも10回ほど施術が必要で、耳鼻科医の手技によって治療のクオリティーが左右される。さらに耳鼻科医があまりやりたがらない治療法と聞いて尻込みし、結局、治療を受けなかった。

 鼻うがいと亜鉛服用を継続したことで、味覚・嗅覚障害がある程度回復したのではと思うが、時間の経過と共に自然治癒したかもしれず、実際はどうか分からない。医師たちも、患者の診察を継続しながらデータを蓄積し、それを後遺症の治療法にアップデートしていくしかないだろう。現在はオミクロン株の亜種やその後遺症も報告されており、油断できない。

■永田理希医師はパンデミックを予見していた

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日