高樹沙耶逮捕でイメージダウン 医療用大麻の正しい知識

公開日:

 元女優の高樹沙耶(53)が、大麻所持の現行犯で逮捕された。女優引退後は、国内で禁止されている「医療用の大麻」の解禁を訴える活動に力を注ぎ、今年7月の参議院議員選挙にも立候補(落選)している。これだけ目立てば、当局に目をつけられて当然。本人もマークされていることなど重々承知だったろうに、あまりに軽率だ。

「どんなに正しい主張を訴えていたとしても、旗振り役が捕まっちゃダメですよ。医療用大麻のイメージダウンは避けられないでしょうね。残念です」

 こう言うのは、「大麻解禁の真実」の著者で、ジャーナリストの矢部武氏。20年前から、米国で解禁された医療用大麻について取材を続けている。

「米国は連邦法で大麻の使用を禁じています。それでも多くの州が、州法で解禁してきました。現在は、医療用で25州、嗜好用でも4州で使用が認められています。来月の大統領選に合わせて、医療用で3州、嗜好用で5州が大麻解禁の住民投票を行う予定。いずれ連邦法も見直されるでしょうね。世論調査でリードが伝えられる民主党大統領候補のクリントン氏も、医療用の解禁を公約に掲げていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る