福島・湯ノ花温泉 インパクトありすぎな共同浴場をめぐる

公開日:  更新日:

 先日、福島で温泉巡りをしてきました。福島は昔ながらの混浴の共同浴場が、今もたくさん残っています。 

 今回ご紹介する湯ノ花温泉は、南会津町にある温泉。湯ノ岐川沿いに20軒余りの旅館が並んでいます。

 共同浴場が4つあり、1カ所200円の入浴券を買えば誰でも入ることができます。入浴券を売っているのが地元の商店、っていうのがいいですよね。ついでに車も置かせてもらって、まずは駐車場から歩いて1~2分の「天神の湯」という共同浴場に行きました。浴室に行くと、湯船の縁にお湯の入った桶(おけ)がたくさん並んでいました。さらに風呂椅子が湯口を隠すように横に倒れています。

「こどもが遊んじゃったのかな?」と思ったのですが、足を数センチ入れたところで理由がわかりました。お湯がめちゃくちゃ熱い! たぶん風呂桶はかけ湯、もしくは上がり湯を冷ましておくためでしょう。風呂椅子はこれ以上熱くならないよう湯口からの源泉の一部を外に逃がすために違いありません。そう、こんなにお湯が熱いのに、天神の湯には水道がないんです。源泉100%はいいですけど……ねぇ(苦笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る