髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

大阪府の淫行条例で話題 処罰されない「真剣交際」って何

公開日: 更新日:

 大阪府は18歳未満とのいわゆる「淫行」の立件数が大幅に少ない。そのため、「淫行特区」などと揶揄(やゆ)されてきました。この原因は、大阪府の青少年健全育成条例の淫行処罰規定のハードルの高さにあります。

 ほかの多くの都道府県の青少年健全育成条例では、「単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められない性行為」「青少年とみだらな性交」を罰則の対象にしています。要は18歳未満との「真剣な交際」を前提にした性行為以外はアウトという定め方になっています。

 しかし、大阪府青少年健全育成条例は「専ら性的欲望を満足させる目的で、『青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて』、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと」を処罰対象にしています。つまり威迫・欺罔(ぎもう)・困惑をさせたことが裏付けられない限りは立件できない規定になっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る