定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

公開日: 更新日:

 小泉政権時の「年金100年安心プラン」は一体どこへ消えてしまったのだろう。当時の試算では1961年度生まれ男性の将来受け取る標準年金額は32万円。それが今や20万円台すら風前のともしびで、70歳支給開始まで検討されている。国は信用できない。庶民は国を上回る賢い立ち回りを考えたい。

 ◇  ◇  ◇

 定年退職する際、妻が健康で子が独立していれば、サラリーマン人生はまずまずだったと思っていいだろう。

 ただ、年金の条件はどんどん悪くなるばかり。無駄な出費は極力抑えたい。サラリーマンが会社を定年退職した場合、健康保険については3つの選択肢がある。

 1つ目は、「再就職」したケース。嘱託として社員の4分の3以上勤務する場合も引き続き会社の保険に加入できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る