国家公務員の冬のボーナスは平均94万円に 住宅手当も増額

公開日: 更新日:

<や・め・ま・せ・ん、辞めません、笑 来週も300万円強のボーナスアジャース> 

「NHKから国民を守る党」の丸山穂高衆院議員が先週7日、こうツイートした。「税金泥棒早く辞めろ」というヤジに返信したものである。

 10日、国会議員および国家公務員に一斉にボーナスが支給される。国会議員のボーナスは300万円超、国家公務員のボーナスは94万円である。

 人事院によると、公務員の冬の支給は2.275カ月分。公務員給与(一般職)の平均は43歳で41万2008円だから、平均支給額は93万8162円である。去年は2.325カ月分、平均96万円の支給だったので、額面は減っている。

■住居手当9000円も

 実は、11月の国会で、政府は6年連続で公務員給与を上げる法案を通し、基本給は0.09%、ボーナスは年間0.05カ月分上がった。ただし、例年夏より冬に多く払っていた配分を、今年からすっきり均等支給に改めた。夏のボーナスが大幅に増えた分、冬が減ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る