県警が特別警戒所設置 6代目山口組総本部が襲撃される日

公開日:  更新日:

「ついに本部決戦か!」――。兵庫県警が「特別警戒所」を設置したことで、緊張が走っている。

 6代目山口組VS神戸山口組の抗争で県警は10日、6代目側総本部(神戸市灘区)の向かいにある旧県職員公舎を改装、監視を強化するための特別警戒所にした。10日は開所式まで開く念の入れようだったが、その裏には神戸側が本格的な襲撃を仕掛けてくる可能性が潜んでいる。

 昨年10月に長野・飯田市で神戸側に移籍しようとした組員が射殺され、今年5月は岡山で、さらに7月には名古屋で神戸側の組員が殺害された。3人を殺され、神戸側は押されっぱなしだ。

「神戸側にはエネルギーがたまっています。今月9日に茨城・石岡市で神戸系組織の所有するクルマがトラックに衝突された。犯人は浜松にある6代目系組織の組員でした。その翌日、犯人の組事務所と関連先に盗難車のトラックが2度にわたって突っ込んだ。石岡の神戸系組織の報復とみられています。神戸側は闘志がみなぎっているのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る