小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

大嘗祭と憲法の政教分離原則 天皇制に不可欠な憲法儀式

公開日: 更新日:

 そして、大嘗祭という紛れもない「宗教儀式」を抜きに継承が行われ得ない天皇制の存続を憲法自体が明文で認めている以上、天皇制に不可欠な憲法儀式を公的に行うことは、憲法自体が認めている例外なのである。

 だから、大嘗祭は、憲法7条10号が規定する「儀式」として、堂々と、公費を用いて国の機関が行っていいはずである。

 ただし、このような憲法解釈上の重要事項(これは高度の政治問題である)について、皇族が公に議論を発することは、天皇制の本旨に反するだろう。

 全国民統合の象徴であるべき天皇(憲法1条)は、その本質上、政治的には無色透明であるべきで、だからこそ4条で「国政に関する権能を有しない」と戒められている。そして、天皇が世襲である以上、そのために不可欠な存在である家族も同じ規範に縛られるべきである。だからこそ、皇族は、一般国民が登録される住民基本台帳とは別に皇統譜に登録されて参政権が与えられていない。皇族はこの意味を深く自覚すべきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

  9. 9

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る