三宅雪子
著者のコラム一覧
三宅雪子ルポライター

1965年3月5日、米国ワシントン生まれ。玉川学園女子短期大学、共立女子大学を卒業後、民放テレビ局に21年間勤務。元衆議院議員。 父は三宅和助元シンガポール大使、祖父は石田博英元官房長官。著書に「福祉と私 ~『支えあう社会』を国政の場から~」

ブログの主に騙され「泥舟」に乗ってしまった読者たち

公開日: 更新日:

 ブログ主側はこうした事態に備えて訴訟費用のカンパを募っていた。一説によると、数千万円単位のお金が集まっていたともいわれている。

 原告は「960人の会」会長のT氏ら3人が代表となったブログ読者712人で、神原弁護士が事前に送った慰謝料を求める通知書が“脅迫”に当たるなどと主張していた。これに対して神原弁護士は3億6700万円の支払いを求めて反訴した。6月10日現在、すべての判決で懲戒請求自体は不当だったとされている。

 遅れて佐々木亮弁護士らも同額で訴えられたとの情報が流れた。調べると、訴えはいったんは受け付けされたが、ひっそり取り下げられていることがわかった。なぜ取り下げられたのかは謎だ。

 そして今年春になると、今度は「裁判を起こされたことで精神的苦痛を受けた」などとして、弁護士らに50万円から100万円の損害賠償を求める「逆提訴」がさみだれ式に始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  10. 10

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る