マエケン株高騰で好感…メジャー球団の「広島カープ」評

公開日: 更新日:

■「故障しない強靭な選手をつくる球団」

 前田が所属する広島は、現在ヤンキースの主力として活躍する黒田、ソリアーノの出身チームということもあり、「故障しない強靭な選手をつくる球団」として日本以上にメジャー側から高い評価を得ている。広島出身の選手も「我慢強く、カネにも固執しない」というイメージが定着しているため、獲得に動く球団が増えているというのだ。

「土台をつくったのが黒田です。ドジャース時代から文句も言わず、馬車馬のように投げ続けていたことは、メジャー関係者なら誰もが知っている話。ヤンキース入団後も球団からの大型複数年契約のオファーを断り、あえて単年契約で自らのモチベーションを高めている。そんな姿勢がメジャーでは『サムライ魂』として評価されている。今季途中にカブスからヤンキースに復帰してシーズン34本塁打、101打点をマークした37歳のソリアーノも『広島時代の猛練習と基礎の徹底のおかげでこの年齢でも大きなケガなくプレーができている』と米メディアに話しています。結果として、周囲が前田の“株”を押し上げているのです」(在米メジャースカウト)

 広島といえば、財布のヒモが固いうえ、キャンプでは声出しや猛練習を課す。選手からは「古めかしい球団」と敬遠されがちも、メジャーの受け止め方は真逆。

 前田も来年の今頃は「入った球団が広島でよかった」と思っているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る