カーリング女子カナダ代表スキップは“才色兼備”の弁護士

公開日: 更新日:

 両手を高々と上げ、全身で喜びを爆発させているのは、カナダ代表のスキップ、ジェニファー・ジョーンズ(39)だ。全勝(9勝0敗)で1次リーグを通過したカナダは決勝で世界ランク1位、大会3連覇を狙うスウェーデンをやぶり、見事金メダルを獲得した。

 チームのまとめ役、ジョーンズは11歳でカーリングを始めた、この道約30年の大ベテラン。本職はなんと弁護士。法廷では冷静沈着だが、氷上では一転、長い髪を振り乱しながら絶叫、見事な司令塔ぶりを発揮する。さすが競技人口が70万人を超える、世界一のカーリング大国だ。アタマのキレも違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る