手持ち無沙汰で素振り50回…ヤ軍松井臨時コーチの“困惑”

公開日: 更新日:

「ヒマなんだけど……」そんなタメ息が今にも聞こえてきそうなキャンプ初日だった。現地時間20日(日本時間21日)。米フロリダ州タンパで始まったヤンキースの全体練習に、臨時コーチとして合流した松井秀喜氏(39)のことだ。

 なにしろ本人は、朝からやる気まんまん。田中ら選手よりも早い午前8時前に球場入り。コーチ室の一角で着替えを済ませると、全体ミーティングが終わった午前11時過ぎ、グラウンドに姿を現した。

「ヒッデッキー!」「ゴッジッラー」というファンの歓声に、右手を上げて応える松井コーチ。左手には用具メーカーに特注した新品のノックバットとグラブが握られていたため、打撃投手やノックをする準備は整っていた。

 ところが、そんな松井コーチに待っていたのは雑用だった。

 午前11時30分過ぎ、サブグラウンドで野手組の本格的な守備練習がスタートしたものの、課せられた仕事はボール拾いとノックを受けた選手からの返球集め。松井コーチは時間を持て余したのかどうか、練習終盤はときおりノックバットを使って素振り。結局約2時間に及ぶ練習中、松井コーチはグラウンド上で左右計50スイング。コーチらしい動きはなかった。球団側には打撃投手やノックができることを伝えていたとはいえ、どうやら首脳陣から「無理はしなくていい」と言われたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る