• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手持ち無沙汰で素振り50回…ヤ軍松井臨時コーチの“困惑”

「ヒマなんだけど……」そんなタメ息が今にも聞こえてきそうなキャンプ初日だった。現地時間20日(日本時間21日)。米フロリダ州タンパで始まったヤンキースの全体練習に、臨時コーチとして合流した松井秀喜氏(39)のことだ。

 なにしろ本人は、朝からやる気まんまん。田中ら選手よりも早い午前8時前に球場入り。コーチ室の一角で着替えを済ませると、全体ミーティングが終わった午前11時過ぎ、グラウンドに姿を現した。

「ヒッデッキー!」「ゴッジッラー」というファンの歓声に、右手を上げて応える松井コーチ。左手には用具メーカーに特注した新品のノックバットとグラブが握られていたため、打撃投手やノックをする準備は整っていた。

 ところが、そんな松井コーチに待っていたのは雑用だった。

 午前11時30分過ぎ、サブグラウンドで野手組の本格的な守備練習がスタートしたものの、課せられた仕事はボール拾いとノックを受けた選手からの返球集め。松井コーチは時間を持て余したのかどうか、練習終盤はときおりノックバットを使って素振り。結局約2時間に及ぶ練習中、松井コーチはグラウンド上で左右計50スイング。コーチらしい動きはなかった。球団側には打撃投手やノックができることを伝えていたとはいえ、どうやら首脳陣から「無理はしなくていい」と言われたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る