手持ち無沙汰で素振り50回…ヤ軍松井臨時コーチの“困惑”

公開日: 更新日:

「ヒマなんだけど……」そんなタメ息が今にも聞こえてきそうなキャンプ初日だった。現地時間20日(日本時間21日)。米フロリダ州タンパで始まったヤンキースの全体練習に、臨時コーチとして合流した松井秀喜氏(39)のことだ。

 なにしろ本人は、朝からやる気まんまん。田中ら選手よりも早い午前8時前に球場入り。コーチ室の一角で着替えを済ませると、全体ミーティングが終わった午前11時過ぎ、グラウンドに姿を現した。

「ヒッデッキー!」「ゴッジッラー」というファンの歓声に、右手を上げて応える松井コーチ。左手には用具メーカーに特注した新品のノックバットとグラブが握られていたため、打撃投手やノックをする準備は整っていた。

 ところが、そんな松井コーチに待っていたのは雑用だった。

 午前11時30分過ぎ、サブグラウンドで野手組の本格的な守備練習がスタートしたものの、課せられた仕事はボール拾いとノックを受けた選手からの返球集め。松井コーチは時間を持て余したのかどうか、練習終盤はときおりノックバットを使って素振り。結局約2時間に及ぶ練習中、松井コーチはグラウンド上で左右計50スイング。コーチらしい動きはなかった。球団側には打撃投手やノックができることを伝えていたとはいえ、どうやら首脳陣から「無理はしなくていい」と言われたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る