カーリング 4連覇の中部電力に「五輪で見たかった」の声も

公開日:  更新日:

 女子のカーリング日本選手権(長野・軽井沢アイスパーク)最終日(9日)は、中部電力がソチ五輪5位の北海道銀行を6―3で破り4連覇を達成した。

 相手は五輪の日本代表チームとはいえ、大会前は「実力は中部電力が上」ともっぱらだった。

 何しろ同チームは2012年のパシフィックアジア選手権2位により、五輪出場に必要な「世界選手権の出場実績(出場権)」を獲得。だが、12カ国が参戦した昨年の世界選手権(ラトビア)7位で五輪キップを逃したことで、話はややこしくなる。

 国内トップの中部電力は、最後の2枚の五輪キップを争う12月の世界最終予選(ドイツ)を目指したが、そこへ出るための国内代表決定戦で北海道銀行にまさかの敗戦。号泣したメンバーはカーリングを続ける意欲を一時失った。

 北海道銀行は同最終予選で5大会連続の五輪出場を決めたものの、ソチ五輪への道筋をつけたのは、国内女王の座を維持してきた中部電力に他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る