日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アドレスでは絶えず足を動かす

■バックスイングは右足に体重を移して始動

 おそらく、多くの一般アマチュアは走るときのような速さで勢いよくクラブを振ろうとしていると思う。しかし、プロに教わると「ゆっくりバックスイングしても、ダウンスイングで勢いよく振ろうとすると肩や腕に力が入るのでヘッドはかえって走らない」とよく言われる。自分からスピードを出そうとしないで、バックスイングと同じようなテンポで振ったほうが遠心力によってよく振り切れて、ヘッドスピードも出るというのだ。

 歩くときのようにバックスイングで右、ダウンスイングで左へと足の体重配分を入れ替え、それに合わせて腕を振ってみていただきたい。ボールを打たずに、素振りから始めるとよい。

 ヘッドの重みを感じ取れるように柔らかくグリップしたら、最後まで同じテンポで振り切ってみる。首に向かって振り切ってやろうと思えば歩くようなテンポでもかなりスピードが出ることが素振りなら感じ取れると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事