アドレスでは絶えず足を動かす

公開日:  更新日:

■バックスイングは右足に体重を移して始動

 おそらく、多くの一般アマチュアは走るときのような速さで勢いよくクラブを振ろうとしていると思う。しかし、プロに教わると「ゆっくりバックスイングしても、ダウンスイングで勢いよく振ろうとすると肩や腕に力が入るのでヘッドはかえって走らない」とよく言われる。自分からスピードを出そうとしないで、バックスイングと同じようなテンポで振ったほうが遠心力によってよく振り切れて、ヘッドスピードも出るというのだ。

 歩くときのようにバックスイングで右、ダウンスイングで左へと足の体重配分を入れ替え、それに合わせて腕を振ってみていただきたい。ボールを打たずに、素振りから始めるとよい。

 ヘッドの重みを感じ取れるように柔らかくグリップしたら、最後まで同じテンポで振り切ってみる。首に向かって振り切ってやろうと思えば歩くようなテンポでもかなりスピードが出ることが素振りなら感じ取れると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る