ボール手前10センチからヘッドを返して振りぬく

公開日: 更新日:

 90年代初頭、シニアツアーが年間25試合もあった頃、太田了介という名前さえ聞いたことのないプロがトップ10によく顔を出していた。

 どんなプロなんだろうと思って取材すると、30歳を過ぎてからゴルフを始め、プロテストに受かったのは何と38歳のとき。
 それなのにシニアツアーでは5勝を挙げているのだ。

 身長はわずか157センチ。それでいて弾道の高いドローボールで距離もよく出ていた。かなり高くティーアップし、ボールから10センチぐらい後ろにヘッドを離して構えている。アッパーブローに打つためだろうと思って聞いてみると、46インチの長尺ドライバーを使っているので、振り遅れないようにボールの10センチぐらい手前からヘッドを返してやるためだと、次のように言っていた。

「小さな体でドローボールを打つにはボールをヒットしてからヘッドを返そうとすると遅い。背が高くて手足の長い人ならごく普通にスイングすれば弾道の高いドローボールが打てるけど、身長が160センチもなかったら、ボールをヒットしてからヘッドを返そうとしたら遅い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る