• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボール手前10センチからヘッドを返して振りぬく

 90年代初頭、シニアツアーが年間25試合もあった頃、太田了介という名前さえ聞いたことのないプロがトップ10によく顔を出していた。

 どんなプロなんだろうと思って取材すると、30歳を過ぎてからゴルフを始め、プロテストに受かったのは何と38歳のとき。
 それなのにシニアツアーでは5勝を挙げているのだ。

 身長はわずか157センチ。それでいて弾道の高いドローボールで距離もよく出ていた。かなり高くティーアップし、ボールから10センチぐらい後ろにヘッドを離して構えている。アッパーブローに打つためだろうと思って聞いてみると、46インチの長尺ドライバーを使っているので、振り遅れないようにボールの10センチぐらい手前からヘッドを返してやるためだと、次のように言っていた。

「小さな体でドローボールを打つにはボールをヒットしてからヘッドを返そうとすると遅い。背が高くて手足の長い人ならごく普通にスイングすれば弾道の高いドローボールが打てるけど、身長が160センチもなかったら、ボールをヒットしてからヘッドを返そうとしたら遅い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る