ボール手前10センチからヘッドを返して振りぬく

公開日: 更新日:

 90年代初頭、シニアツアーが年間25試合もあった頃、太田了介という名前さえ聞いたことのないプロがトップ10によく顔を出していた。

 どんなプロなんだろうと思って取材すると、30歳を過ぎてからゴルフを始め、プロテストに受かったのは何と38歳のとき。
 それなのにシニアツアーでは5勝を挙げているのだ。

 身長はわずか157センチ。それでいて弾道の高いドローボールで距離もよく出ていた。かなり高くティーアップし、ボールから10センチぐらい後ろにヘッドを離して構えている。アッパーブローに打つためだろうと思って聞いてみると、46インチの長尺ドライバーを使っているので、振り遅れないようにボールの10センチぐらい手前からヘッドを返してやるためだと、次のように言っていた。

「小さな体でドローボールを打つにはボールをヒットしてからヘッドを返そうとすると遅い。背が高くて手足の長い人ならごく普通にスイングすれば弾道の高いドローボールが打てるけど、身長が160センチもなかったら、ボールをヒットしてからヘッドを返そうとしたら遅い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る