日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

足の裏から体を回し始める

 ドライバーで飛距離を伸ばすにはバックスイングで右、フォワードスイング(ダウンスイングからフォロースルー)では左と体重移動が不可欠だと昔からいわれている。

 しかしゴルフスイングをするときの体重移動はバックスイングで右、ダウンスイングで左と横に体重を動かしているわけではない。

 バックスイングで右、ダウンスイングで左、体重を横に移動しようとすると体を捻転できないので、クラブヘッドを丸く振ることもできなくなる。

 構えた位置で体を捻転することによって結果的に体重の配分が変化しているのだということ。

 体をひねることによってバックスイングでは右足に、ダウンスイングからフォロースルーでは左足に体重を感じているのだから、体重移動ではなく、荷重の変化というのが正しいと、トレーニングの第一人者として多くのトッププレーヤーを指導してきた田中誠一東海大学名誉教授は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事