プロ野球で流行のレプリカプレゼント 製作費ハウマッチ?

公開日:  更新日:

 かつては人気にあぐらをかいていたプロ野球も最近はファン獲得に必死。どこの球団もいろいろな企画を打ち出している。中でもファンに好評なのは、レプリカユニホームのプレゼントだ。

 中日は16日のヤクルト戦で、連覇を達成した2011年のビジターで着用したブルーカラーのユニホームを選手は身にまとい、来場者全員に同様のレプリカユニホームを配布した。

 楽天は4月18日の日本ハム戦で、昨年の日本一を記念して選手に贈られたチャンピオンリングのレプリカを当日の来場者にプレゼント。7月29日に福島(郡山)で行われるソフトバンク戦ではレプリカユニホームが配られる。

■火付け役は巨人

 12年からこうした企画を打っているセの“先駆者”である人気球団巨人は、すでに今季3回実施。今後は5試合で同企画が行われ、5月26日の日ハム戦、6月9日のロッテ戦では、球団創設80周年記念ロゴ入りのレプリカオレンジユニホームを全来場者にプレゼントする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る