日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

ボールは下目遣いに見る

アドレス姿勢がよくなる

 ラウンド中にミスショットがよく出るようになったら、スイングのことを考える前にまずアドレスをチェックしてみたい。
 練習場ではよくても、コースに出て当たりが悪くなったときは、ボールから離れてかがみすぎていることがある。

 クラブがよく振れているときはごく自然に立って構えている人でも、ショットが悪くなるとうまく当てようという気持ちが強くなる。そうすると無意識のうちにボールに顔を近づけたくなり、だんだん前かがみになっていることが多いようだ。

 だから普段練習するときから、姿勢を起こして構えるように心掛けたい。
 それには「眼鏡をかけている人ならフレームの下のほうで、下目遣いにボールを見るようにして構えるのがよい」と、日本プロゴルフ協会の専門指導委員長だった相原弘治プロに教わったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事