日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

バックスイングは頭が右に動く

■クラブを背負ってチェック

 ゴルフスイングは背骨を軸にした回転運動といわれている。けれどもゴルフは地面にあるボールを打つのだから、股関節から前傾して体を回さなければならない。コマのように背骨を真っすぐ立てて体を回すことはできない。

 昔のプロは「背中におんぶした子供を落とさないようにバックスイングせよ」と教えた。今は子供をおんぶする人はいなくなったので、そんなことを言っても分からないと言われるかもしれない。でも何かを背負って、それを落とさずに体を回そうとすれば、上半身を前傾したまま回さなければならないということは分かると思う。

 前傾して構えたら、背骨に沿ってクラブを背負うようにし、クラブヘッドを頭の上に出しておいて体を回してみていただきたい。太陽を背にして体を回してみると、背中に背負ったクラブがどうなるかよく分かると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事