日本相撲協会が衆院解散・総選挙に“戦々恐々”のワケ

公開日: 更新日:

 安倍総理が仕掛けた、突然の解散・総選挙。これを対岸の火事で済ませることができないのが日本相撲協会だ。

 相撲協会は昔から「長いものには巻かれる」主義。戦後、長らく与党を担ってきた自民党とはズブズブの関係にある。これまで協会がデタラメし放題だったのも「自民党が与党でいる限り何をやっても大丈夫。相撲は国技なんだから守ってもらえる」とタカをくくってきたからだ。

 九州場所8日目に行われた理事会で決まった定年制度の延長がその典型だ。これまでの65歳定年から、希望者に限り70歳まで延長。理事などの要職には就けず、部屋も持てない。それでも給料は定年前の7割をもらえるうえ、年寄株まで保持できる。現職の親方連中からすれば願ったりかなったりだ。

 そもそも引退した親方で食うに困っている者はほとんどいない。保有していた株を数億円で後継者に売るのだから、悠々自適。そんな連中をさらに優遇する理由なんてどこにもない。むしろ若い力士が親方になるチャンスを奪うだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る