やくみつる氏 鶴竜の“変化”怒らぬ協会に「横綱像歪む」と苦言

公開日:  更新日:

「相撲協会が海外にも門戸を開いている以上、外国人力士隆盛を日本人横綱待望論の観点で語るのは嫌いでした。でも、さすがに今回は頭にきています」

 こう話すのは、元相撲協会外部委員で、好角家として知られる漫画家のやくみつる氏だ。

 20日の大相撲九州場所12日目、横綱鶴竜(29)が大関豪栄道に立ち合い変化で勝利。勝つことに徹したとはいえ、横綱らしくない姑息な手段に、館内からも「横綱だろ!」と非難の声が飛び交った。

「鶴竜は違うとは思っていましたが、20日の一番を見て、まだこんなものか、と。お年寄りだけでなく、日本人は力士に、特に横綱には尊崇の念を抱きたいんです。白鵬(29)あたりはそれをわかって如才なく振る舞ってはいますが、懸賞金を受け取るしぐさなどに本質が見えてしまう。確かに輪島(元横綱)もよく変化していましたが、それでも日本人なら横綱のありようというものは肌でわかる。外国人力士はいくらそうしたことを努力して学んでも、結局は日本に稼ぎに来ているんだな、ということが見えてしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る