やくみつる氏 鶴竜の“変化”怒らぬ協会に「横綱像歪む」と苦言

公開日:  更新日:

「相撲協会が海外にも門戸を開いている以上、外国人力士隆盛を日本人横綱待望論の観点で語るのは嫌いでした。でも、さすがに今回は頭にきています」

 こう話すのは、元相撲協会外部委員で、好角家として知られる漫画家のやくみつる氏だ。

 20日の大相撲九州場所12日目、横綱鶴竜(29)が大関豪栄道に立ち合い変化で勝利。勝つことに徹したとはいえ、横綱らしくない姑息な手段に、館内からも「横綱だろ!」と非難の声が飛び交った。

「鶴竜は違うとは思っていましたが、20日の一番を見て、まだこんなものか、と。お年寄りだけでなく、日本人は力士に、特に横綱には尊崇の念を抱きたいんです。白鵬(29)あたりはそれをわかって如才なく振る舞ってはいますが、懸賞金を受け取るしぐさなどに本質が見えてしまう。確かに輪島(元横綱)もよく変化していましたが、それでも日本人なら横綱のありようというものは肌でわかる。外国人力士はいくらそうしたことを努力して学んでも、結局は日本に稼ぎに来ているんだな、ということが見えてしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る