• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無死満塁でも動じず粘って白星 日ハム大谷が持つ“不動心”

 右ふくらはぎがつって5回3分の2で降板したとはいえ、07年のダルビッシュ超えとなる高卒3年目の開幕投手として白星を挙げたのが日本ハムの大谷翔平(20)だ。

 試合後の本人が「開幕戦で緊張した。最初はどうしようもないピッチングだった」と振り返ったように、序盤、制球が定まらない。二回、2連続四球と野選で無死満塁のピンチを招き、犠飛で先制を許した。

 が、そこから粘った。中盤にかけて最速159キロのストレートが決まるようになり、打たれた安打は3本。うち2本は右足に変調を来した六回に許したものだった。

 キャンプ中、開幕投手に指名されながら、オープン戦は終盤2試合続けて大乱調。大役を目前にしてフツーの若手なら慌てるし、あたふたするところだ。大谷はしかし、「去年より技術をステップアップさせる過程で多少、ズレがあるだけ。フォームを直す作業はしない」とまるで動じなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る